ロック画面からできるiPhoneへのいたずら

いつも意地悪してくるあいつをぎゃふんといわせよう! ロック画面からiPhoneを操作してしまえ!

ロック画面からいたずらができるなんてiPhoneもロックだぜっ!

そう思わずにはいられないテクニックを紹介します。

いつも意地悪してくるあいつ、いつも悪口を言ってきたり、嫌味ばかり言うあいつにひと泡吹かせてやりましょう。ちなみに、意外に陰湿なのでここぞというときだけにしてくださいね。

ロック画面からSiriを操作しろ

iPhoneではデフォルトでロック画面からSiriにアクセスできるようになっています。

便利ですね。

ロック画面からSiriを使って個人情報を抜き出すことだってできます。Siriに向かって「わたしは誰?」と話しかけるだけです。

そんなSiriの抜け道を利用していたずらをしてしまいましょう。

Siriにこう話しかけましょう。

Siri「ポポン!」

「アラームをすべてオフにして」

Siri「はい、すべてオフにしました」

Siriでアラームをすべてオフに!

アラームがすべてオフに!

これであいつは遅刻です。

目覚ましが鳴らなかったと言い訳するのか、あるいは体調不良と言うのか見ものですね。あいつが何を言おうとも、本当の理由をあなたは知っています。

いたずらされないための設定

こんなことされないように、ロック画面ではSiriにアクセスできないようにしてしまいましょう。

設定 → 一般 → パスコードロック → ロック中にアクセスを許可 → Siri → オフ。

ロック画面ではSiriをオフに!

ロック中にアクセスを許可する設定でSiriをオフに!

これでロック画面からSiriを呼び出せなくなります。

利便性はなくなりますが、個人情報もぺらぺらしゃべるSiriさんを黙らせておくために、オフにしておいたほうがいいでしょう。女性は特に「わたしは誰?」から住所を探られてストーカーされないためにもオフにしておくといいです。

便利なSiriさんですが、ちょっと抜けているおちゃめなところがありますね。