iPhoneの「メモ」アプリを見直してみる

iPhoneに最初から入っている「メモ」アプリは、意外に使えるやつでした。


iPhoneの「メモ」、使っていますか?

最初から入っているにもかかわらず、あまり使わずに、EvernoteやOneNote、Notability、Draftsなどの有名なノートアプリ、メモアプリに走ってしまうケースは多いと思います。確かにこれらのサードパーティ製アプリは高機能で便利です。

でも、意外に「メモ」も使えるやつだったのです。

Spotlight検索が便利すぎる!

「メモ」はただメモするだけでは、まったく意味はありません。メモしたものを、あとから検索できて、はじめて役立てることができるのです。メモしたものがどこにいったかわからない状態ではいけません。

iPhoneに最初から入っている「メモ」は、iPhoneのSpotlight検索に対応しています。iPhoneのホーム画面を下にスワイプするだけで検索することができます。

iCloudでMacやiPadにも同期

何もしなくても、MacやiPadで同じメモを見ることができます。Macで書いた買い物メモをiPhoneで確認しながら買い物することもできますし、調べたいことをiPhoneでメモしておいて、あとでiPadで調べることもできます。

同期するために特別な設定は必要ありません。ただ、iPhoneやMacを使うときにiCloudにサインインしておくだけです。たったそれだけで、自動的にメモがすべてのデバイスに瞬時に同期され、どこでも使うことができます。

チェックリストや手描きスケッチ、写真まで

新しくなった「メモ」では、それまでできなかった、チェックリストの作成や手描きメモの作成、写真を貼り付けたりもできるようになりました。

チェックリストを使って買い物メモを作ったりできますし、文字だけでなく、写真やビデオでよりメモがわかりやすくなります。描画ツールで絵を描くことができますし、面白いのが定規を使ってまっすぐに線を引くことができることです。定規には角度が表示され、固定した状態で指で定規の端をなぞれば、まるで物理的な定規とペンを使って線を引いているような感覚で、「メモ」にも線を引くことができるのです。

実はフォルダが作れる

「メモ」ではフォルダを作ることができます。1階層だけですが、フォルダでノートを分けることもできるので、メモを分類して保存しておくことができます。もちろん、フォルダをあさることでメモを探すことができますが、Spotlight検索は、すべてのフォルダからメモを検索することができるので、あるていど、大雑把な分類でも大丈夫!

また、「メモ」には「最近削除した項目」フォルダもあり、削除したメモは30日間はここに保存されます。だから、一度はいらないと思って消したメモでも、30日間までは、また復活させることができるのです。

まとめ

意外に高機能になってきた「メモ」アプリ、なかなか使えるやつだと思いませんか? 有名なサードパーティ製のノートアプリよりも、実は使いやすい部分もあったりします。

最初から付いているメモが単なるオマケである時代は終わりました。もし、いろいろなノートアプリ、メモアプリをジプシーしているのであれば、いま一度、iPhoneに付いている「メモ」にスポットライトをあててあげてもいいのではないでしょうか。