そのこだわりは大切ですか?

こだわりは誰でも持っているものだが、こだわっているから道が開けないこともある。新しい一歩を踏み出すなら見直したほうがいいこだわりもある。自分のこだわりを見直してみよう。


人は誰でもこだわりを持っている。仕事に対するこだわり、物に対するこだわり、恋愛に対するこだわり、こだわりの種類もさまざまだ。いい影響を与えてくれるこだわりもあれば悪影響を及ぼすこだわりもある。どちらにしてもこだわりとは自分を縛り付ける自分だけのルールである。こだわりを持つということは執着している状態である。もし、いまの人生に満足していなくてこれから自分を変えていきたいのであれば、自分がいま持っているこだわりを見直してみるといいかもしれない。

自分のこだわりをひとつずつあげていって、そのこだわりがこれからの自分にとって必要なものかどうかを考えてみる。例えば、仕事のこだわりなら、自分は技術系の人間だから技術職にこだわっているというのであれば、営業になったらどうだろうかと考えてみる。恋愛のこだわりであれば、男性で相手の女性はかわいくないといけないと容姿にこだわっているのであれば、性格の良さを重視してみる。女性であれば、相手の年収や社会的地位にこだわっているのであれば、身近で自分を愛してくれている男性がいないか見直してみる。そうすれば、こだわりがあったから踏み出せなかった一歩を踏み出すことができるかもしれない。こだわりによってひとつのことに縛られていた状態から抜け出せば、新しい自分が見えてくるかもしれない。少なくともいままでとは違う人生にしたければ、いままでと同じことをやっていてはいけない。同じことを続ければ同じ人生が繰り返される。だから、違うことをしようとする自分を阻んでいるこだわりを見つけ出し、そのこだわりを換えるなり捨てるなりしなくてはいけない。

こだわることでいい面が引き出されることもあるので、まったくこだわらないということではなく、こだわるところはこだわって捨てるところは捨てるというようにつかず離れずの状態で構わないと思う。もちろん、何もこだわりを持たないという決断をしたのであればそれもひとつの選択だ。ただ、こだわりを多く持ち続けるのは避けたほうが身のためだろう。

人生は一度しかないけど世界は広い。まだまだ体験することは多い。