インタースティシャル広告(すきま広告)は見苦しい

インタースティシャル広告(すきま広告)を入れるニュースサイトは見ないようにしているが、最近増えてきている印象がある。

儲かるのだろうか。

読者が減ることに関してはあまり無頓着なのか、あるいは広告を入れても読者を確保できているのだろうか。私はテレビのCMをそのまま持ってきた印象があるので好きではないが、そういう広告を好む人もいるのだろうか。それともコンテンツによほどの自信があるのだろうか。

ニュースサイトで利益を上げるには読者に課金するか広告を入れるかになると思うが、過剰な広告はいやがられる傾向にあると思う。どこまで受け入れられるかはコンテンツの質や読者層などにも左右されるのだろうが、検索してリンクをクリックしたあとインタースティシャル広告が表示されたときのイライラ感は大きい。

ニュースサイトの場合、コンテンツはニュースそのものになるが、ニュース自体は世の中で起きたことを報道するのであって、そのサイト独自のニュースは少なく、他のサイトでも取得可能な情報だ。そうであれば、いかに読みやすくするかが勝負なのだと思うが、果たしてインタースティシャル広告を入れるサイトが読みやすいのかどうか。

私はインタースティシャル広告がないサイトでニュースを取得している。

カテゴリーIT