GoogleサイトブロックをSafariで有効にするには

GoogleサイトブロックはInternet Explorer、Firefox、Chromeしか使えない。SafariでGoogleサイトブロックを有効にするにはユーザーエージェントを変えればいい。

Googleサイトブロックは検索結果から特定のサイトを表示しないようにできる機能だ。Googleの検索結果で特定のサイトに飛んで、ブラウザーの戻るボタンで検索一覧に戻ってくると、いま見ていたところをブロックするためのリンクが現れる。このリンクをクリックすれば、次回から検索結果の一覧には表示されない。

この機能はとても便利で、どうでもいいようなサイトをブロックしていくことで検索結果の質を高めることができる。自分が本当に求めているサイトにいち早くたどり着くために、不要な情報を排除できることは大きい。だが、この機能は冒頭でもあるように、Internet ExplorerとFirefoxとChromeしか使えないのだ。

Macを使っていると、使いやすさからSafariをメインに使うようになる。SafariでもGoogleサイトブロックを使いたい。その場合はSafariのユーザーエージェントを変更すればいいのだ。

Safariメニューの「環境設定」を選び、「詳細」を選ぶと一番下に「メニューバーに”開発”メニューを表示」というチェックがあるので、これをチェックすればメニューバーに開発メニューが表示される。その開発メニューからユーザーエージェントを変更できるので、Firefoxあたりを選んでおけばGoogleサイトブロックが有効になる。ユーザーエージェントはタブ単位で指定できる。

カテゴリーMac