花粉症のマスクは布マスク

白元 サニーク 快適革命 レギュラーサイズ ガーゼマスク 立体タイプ

不織布マスクは自分の息で臭い

花粉症の季節にはマスクが大活躍する。この季節はさまざまなマスクが売りに出されるが、不織布マスクが非常に多い。だけど、私は不織布のマスクが苦手だ。なぜなら、マスクの中で吐いた息が滞留してまた鼻から入ってくる。その臭いこと臭いこと。自分の息はこんなにも臭いのかとショックを受け、愕然とする。

なので花粉症の季節になってもマスクをしない時期が長く続いた。薬だけに頼る状態はつらい。ある程度鼻水は出なくなるが、マスクをした状態ほど防げているわけではない。鼻の中に入れるタイプのマスクも試してみたが、あまり効果はなかった。やはり、口元を丸ごと覆ったほうがいい。

布マスクだと臭くない

そんなとき、布のマスクだと息苦しくないということを聞いたので試してみた。ローソンで売られていた布マスクを試してみたところ、感動した。本当に臭くないし息苦しくない。臭くないし息苦しくないので長時間の着用が可能だ。ゴムに調節機能がついているので、顔が大きい人でも対応できる。洗って繰り返し使える。いいことだらけである。

「サニーク 快適革命」という名前のマスクだ。現在は白元として販売されているが、ローソンで売られていたときは白元ブランドではなかった。製造元は大三株式会社というところで、白元のグループらしい。「快適革命」のマスクは白元から多く出ているが、布マスクは「サニーク 快適革命 レギュラーサイズ ガーゼマスク 立体タイプ」である。そのほかのマスクはほとんどが不織布なので要注意だ。

この時期、つらいけどマスクもつけたくない人は布マスクがおすすめ!

エバーマスクを試してみたい

よく歯医者さんがつけているスポンジ製のエバーマスクというのがあるらしい。布マスクよりも性能も通気性もいいらしいので試してみたいが、何せ医療用なのでロット単位でしか販売していないのがネックである。今年は布マスクがあるので、来年はエバーマスクを思い切って(ロットで買うか!?)試してみたい。