忘れられた君へ

終点に到着した列車の中にひとり寂しくぶら下がっている君は…

傘の忘れ物

雨が続く今日この頃。

疲れ果てた人々を運んでいく電車の中、役目を終えて忘れられた君たちの悲しい声が聞こえる。

「私、もう使えないのかな?」

そんな君の行く末に思いを馳せながら電車を降りる。

君は中野ブロードウェイの鉄道拾得物販売所で売られるのかな?