Firefoxでズーム機能を無効にする

キーの押し間違いでスクロールしながらCtrlキーを押して表示がズームすることがある。ズームは使わないなら無効にしておきたい。

ブラウザーでインターネットを見ているとマウスでスクロールしたり、ショートカットキーでコピーしたりすることがよくある。そして、スクロールしながらページを見ていて必要な箇所をコピーしたりするとき、Ctrlキーを押しながらCを押すのだが、このときスクロールが有効になったままだと突然ズームすることになる。

目が悪ければズームは有効かもしれないが、普通の人でズームが必要なことはほとんどない。使わないなら無効にしておきたい。

  1. Firefoxのアドレスバーに「about:config」と入力してEnterキー。
  2. 「動作保証対象外になります!」という警告が出るので「細心の注意を払って使用する」ボタンをクリックする。
  3. フィルタ部分に「zoom」と入力する。
  4. ズームの最大、最小パーセントを両方とも100に設定する。

zoom.maxPercent: 100
zoom.minPercent: 100

これでズームが無効になっているはずだ。

ボタンを押し間違えてスクロールしならがCtrlボタンを押してもズームすることなくページを見ることができる。

カテゴリーIT