IEの下に広告が出るようになったらNaviNow Web Toolを削除する

ブラウザーの一番下に見慣れない広告が表示されるようになったら、この方法で調べてみよう。簡単に削除できるかもしれない。

何かの拍子でブラウザーに見慣れない広告やツールバーが表示されることがある。大概は何らかのソフトウェアをインストールしたときに、一緒にインストールされる。例えば、便利だと思ってダウンロードしたフリーソフトをインストールしたときに、一緒にインストールされたりする。インストール時にインストールするかどうかユーザーに尋ねるのが筋だが、筋を通さないソフトウェアも数多く存在するのもまた事実だ。

インストールされてしまったものは仕方がない。直近にインストールしたソフトウェアを疑ってみよう。可能ならそのソフトウェアをアンインストールした方がいい。もし、筋を通さないでユーザーが意識しない悪質な広告ツールをインストールするのであれば、そのソフトウェアの作者は、今後も悪質な手で厄介なツールをインストールし続けるだろう。そして、インストールされてしまった広告ツールをなんとかして削除しなくてはいけない。

もし、そのソフトウェアが「NaviNow Web Tool」だったら、簡単にアンインストールできる。特徴は、IEの画面の一番下に広告が表示されること。

それから、私の知人のケースでは見聞によると「send.miroad.jp」当てに情報が送信されるリンクが埋め込まれるとのこと。これらのキーワードに引っかかるなら、一度調べてみよう。

現状ではIEのみに影響がある。IEの拡張機能としてインストールされるようだ。プログラムの追加と削除から「NaviNow Web Tool」というソフトウェアを探し出してアンインストールしよう。これでIEの下に広告が表示されないようになるはずだ。

ソフトウェアは無料で便利なものが多くある。フリーソフト作者がプログラムを趣味として、その成果物を公開している場合もあるが、別の作者はソフトウェアで収益を上げようとしていることもある。その収益を上げる方法が「お行儀が悪い」と、このようにユーザーに気づかれずに広告ツールをインストールする。

無料という言葉を素直に信じるのではなく、インストールの前に立ち止まって作者のページやreadme.txt、インストーラーの途中で表示される規約や警告を注意深く見ていこう。それだけでもかなり悪質な広告ツールの侵入を防ぐことができる。大手企業でもこういうのがあるので、個人だから信用できないけど大手だから大丈夫だという考えも改める必要がある。

私の知人の場合はたまたま悪質度が低い広告ツールだったからよかったものの、削除するにもかなり深いシステムの知識を駆使しなくてはいけないほどの広告ツールも存在する。注意するにこしたことはない。

ソフトウェアのインストールは慎重に。