千疋屋総本店、京橋、銀座のチョコパフェ食べ比べ

千疋屋は日本橋にある総本店、暖簾分けの京橋、銀座があります。それぞれ趣の異なったチョコレートパフェを堪能できます。

千疋屋といえばマスクメロンパフェですが、個人的にはパフェの中ではチョコレートパフェが一番好き。なので、フルーツパーラーに行ってもチョコレートパフェを頼むことが多いです。

今回は千疋屋でそれぞれの店のチョコレートパフェを紹介したいと思います。

総本店はシンプルバナナぜめ

まずは総本店のチョコレートパフェです。なお、総本店は日本橋本店ではなく、KITTE丸の内店で食べました。

千疋屋総本店バナナチョコレートパフェ

千疋屋総本店バナナチョコレートパフェ

総本店のチョコレートパフェはシンプル。バナナをメインにした感じ。上のバナナ、下にバナナチップが入っていて、上から下からバナナぜめという感じです。下にあるバナナチップがちょっと硬めなので、歯の弱い人は注意です。

京橋はちょっとオシャレのイチゴ添え

次に京橋のチョコレートパフェです。なお、京橋は京橋本店ではなく東京駅一番街店で味わいました。

京橋千疋屋のバナナチョコレートパフェ

京橋千疋屋のバナナチョコレートパフェ

バナナの盛り付けが横広がりで豪華、イチゴの赤いアクセントで全体的にオシャレになっています。チョコレートパフェもいいけど、バナナだけでなくイチゴも味わいたいのであれば京橋です。

銀座はさすが豪華マンゴー

最後に銀座千疋屋のチョコレートパフェです。こちらは銀座本店で食べました。店舗は結構せまめ。

銀座千疋屋のチョコレートパフェ

銀座千疋屋のチョコレートパフェ

京橋が横広がりなら銀座は縦長。板チョコが上に伸びて豪華です。そして、他の千疋屋とは違い、バナナではなく柑橘系が盛り合わせ。季節によって変わるそうですが、私が食べたときはオレンジと、なんとマンゴー! マンゴーがチョコレートパフェで味わえるなんて幸せです。さすが銀座。

まとめ

ベースを提示している総本店に、それぞれアレンジを加えて攻めている京橋と銀座という印象を受けました。個人的には銀座のマンゴー入りが最高でした。でも、他の千疋屋のパフェも捨てがたい。みなさんは、どのチョコレートパフェに興味がありますか?

おまけ

銀座千疋屋の小皿がハート型でした。

砂糖と小皿

砂糖が小皿に載って出てきます。

小皿はハート形

砂糖は使わないのでいつもはスルーしてしまうのですが、小皿の形が気になって退けてみたらハート形でした。ちなみに砂糖はKEY COFFEEのやつですね。