Gmailでは絵文字やデコメが使える!

Gmailでは絵文字もデコメも使えます。ケータイのメールアドレスからGmailに乗り換えても大丈夫。

Gmail Emoji DecoMe

スマートフォンを使う人が増えてきてGmailユーザーも増えています。

いまだにキャリア(携帯電話通信会社)のメールアドレスでしか絵文字やデコメは使えないと思っている人が多いですが、意外にもGmailは絵文字、デコメに対応しています。

まず、先にデコメですが、これはGmailじゃなくても表示可能なのです。デコメはHTMLメールそのものなので、通常のメールクライアントでも表示できます。デコメなんて偉そうな名前になっているけど、実はただのHTMLメールなのです。

HTMLメールといえば、一番身近なのはメルマガ(メールマガジン)じゃないでしょうか。特にショッピングサイトのメルマガはど派手なHTMLメールになっています。選べるならおとなしくテキストメールを選んでおきたいぐらいのど派手さです。

つまり、デコメは特別ケータイだけのものではなかったということです。

次に絵文字ですが、これは各キャリア独自に発展してきたものですが、なんとGmailが対応しています。しかもGoogleは絵文字の標準化にも取り組んでいて、日本の絵文字が国際標準としてUnicode 6.0に取り入れられているのです。

トップのイメージは、実際にケータイからGmail宛に絵文字とデコメが含まれたメールを送信したときの画面キャプチャーです。タイトル、本文ともに絵文字が表示できていることがわかります。また、本文にデコメの素材が貼り付けられているのがわかります。

Gmail Emoji DekoMe Send

送信するときは、タイトルに絵文字を入力することはできませんが、本文に絵文字を入力できます。本文入力欄の上にある「リッチテキスト形式」を選択して、書式のツールアイコンの顔マークのアイコンをクリックすれば絵文字を入力することができます。

ケータイで受信

実際にケータイで受信してみたものです。Gmailから送信されたメールで絵文字がちゃんと再現されています。Gmailでは絵文字を受信することも送信することもできるのです。

不便なキャリアメールを使い続けるよりかは、とっととGmailに乗り換えたほうがいいかもしれませんね。

ただ、残念ながらスマートフォンのGmailアプリでは対応していないようです。絵文字を送受信するときはPCからGmailにアクセスして楽しみましょう。