だんだん明るくなってきた

春分の日が過ぎて、日が沈む時間も遅くなってきた。

空の青さが残る夕空

ちょっと前までは18時を過ぎると、空はすでに真っ暗になっていた。都内の空なので星空は期待できず、何の関心もないままに歩いていた。

春分の日が過ぎて何日か経ったが、ふと空を見上げてみると、まだ空に青さが残っているのを見つけた。

その空の青さを見つけて、そういえば最近は空を見上げていなかったことを思い出した。