アーユルメディカルシート ファーストインプレッション

正しい姿勢を身につけるために、アーユルメディカルシートを購入しました。まずはファーストインプレッションということで、3日間の使用感を書いてみたいと思います。


アーユルメディカルシートは、アーユルチェアーという姿勢矯正椅子の持ち運び可能版で、いま使っている椅子にのせて使うこともできるし、座椅子として使うこともできます。

私はいつも座っている姿勢が偏っているなと感じており、またすぐに足を組んでしまう癖があります。もう、いい歳なので、体のためにちゃんもした姿勢を身につけて、健康な体づくりを意識していかなければならないと思い、購入に踏み切りました。

アーユルメディカルシート

真ん中に割れ目があり、背もたれがあります。中に金属が入っているようで、意外に重いです。

アーユルメディカルシート

うしろはこんな感じ。座椅子として使っても違和感はないです。むしろ、座椅子かな。

椅子にのせたアーユルメディカルシート

椅子にのせたところです。

スチールケース社のThinkとアーユルメディカルシート

椅子はスチールケース社のThinkを使っています。もう、10年以上前に買った椅子です。

このアーユルメディカルシートにまたぐように座るのが、このシートの正しい座り方です。そうすることで、骨盤を立てて坐骨で座ることができるようになり、ゆがみが解消されたり、足を組んだりする癖がなくなるそうです。

アーユルメディカルシートを購入するにあたり、いろいろなレビューを読んだのですが、だいたい書いてあることが同じで、

他のレビューで痛いって書かれているけど、まったく痛くありませんでしたっ!

と書かれています。

でも、あえてこのブログでは、本当のことを書かせてもらいます。

痛ぇよ!

もうね。

頑張って2時間というところですかね。やっぱり、こういうのは、ちゃんと慣らしていかないといけないんでしょうね。

ということで、とりあえず、使ってみた3日間の経過はこんな感じです。

1日目: 痛い!

2日目: 痛い。

3日目: 座椅子にして座ると痛くないことに気づく。

あれ? 座り方が悪い?

一応、足を開いて座っているのですが、座椅子として使うと、痛みは感じません。椅子に座ったときの姿勢が悪いのでしょうね。

これは座り続けると矯正されていくのでしょうか。もうしばらく、辛抱強く使い続けてみたいと思います。