吉呑みにハマる

いつも牛丼を食べているところという安心感が心地いい。

吉野家では17時30分から吉呑みの営業が始まります。2階席がある店舗では2階が吉呑みの席になり、1階しかない場合は、牛丼など食事をする人と飲む人が一緒になります。

私の場合、まず入ったら角ハイボールかシトラスハイボールと牛煮込みを頼みます。牛丼屋なので牛煮込みがうまい!

シトラスハイボールと牛煮込み

牛煮込みは肉が柔らかく煮込んであります。タレがまたうまい。肉を摘みながらタレも飲み干します。

日によってはハムポテサラを頼むことも。

ハムポテサラ

ポテトサラダってどうしてこんなにうまいんでしょう。だいたい、どこで食べてもハズレがないです。ポテトはダイエットの敵ではありますが、まあ頼んじゃいますよね。

さばの味噌煮

さばの味噌煮! 柔らかくて骨まで食べられるようにしてあります。うまい!

頃合いを見て牛皿を注文する。牛丼としてご飯の上に乗っている状態じゃない吉牛、飲みながら食べてもこんなにうまいなんて。注意してはいますが、調子に乗って2回頼んじゃうこともあります。もう、このころにはダイエットなんてどうでもよくなっている状態です。

でも〆の牛丼は怖くて頼めない。少なくともいまの腹囲は死守しなければ。

なお、玉子焼きは冷たい状態で出てきます。居酒屋の一般的な出し巻き玉子ではなく、普通に玉子焼きを冷やしたものです。

2杯飲んでお腹いっぱい食べて3,000円を切るぐらいです。

ビールと焼酎であればデジタルボトルキープができます。赤提灯がぶら下がっている店舗が対象です。通常の吉呑みは赤提灯、一部のメニューだけがある吉呑みチョイが白提灯です。赤提灯の店舗であれば、購入した店にかかわらずどこでも利用が可能です。

最近は居心地のいい店舗を探して、いろいろな場所で飲んでいます。気軽にひとり飲みしたければ、チェーン店って意外にいいです。

EPARK KeepService
カテゴリ: ライフスタイル
現在の価格: 無料